大切な人からもらいたいハワイアンジュエリーの魅力

ハワイアンジュエリーは、ハワイの伝統的なジュエリーのことを言います。ハワイ王朝最後の女王だったリウオカラニ女王が、親交のありアルバート公に先立たれたビクトリア女王の気持ちに寄り添う為にゴールドに黒の模様を入れ、「永遠の思い出」という言葉を彫ったブレスレットを愛用するようになったことがハワイアンジュエリーの始まりだと言われています。ハワイアンジュエリーのデザインには、ハワイの大自然をモチーフにしたものがたくさんあります。最近では、現代風にアレンジされ、イルカやフラガールなどのモチーフがデザインされたジュエリーもあります。
伝統的なハワイアンジュエリーとして使われるモチーフは、プルメリア、スクロール、バレルやマイレリーフなどがあります。
プルメリアは、ハワイに咲き誇り、甘い香りと可愛らしい姿で人々をいやす花としてローカルの人から愛されています。花言葉は「親愛」「恵まれた人」「気品」などで身を守る象徴としても信じられています。スクロールは、寄せては返す波。樽という意味のバレルは成功の象徴として使われています。マイレリーフは、永遠の愛の象徴として使われています。リングに入れて結婚指輪として人気があります。
職人たちがひとつひとつ丁寧に作るため、手元に届くまで時間がかかる場合もありますが、その完成を待つこともハワイアンジュエリーの魅力ではないでしょうか。